« 眠る家鴨 | トップページ | ゴキゲンな家鴨 »

2016年7月28日 (木)

薄眼の家鴨

Img_5650aaa

さんざん泥んこで遊んで、眠い。
(クリックすると大きくなります。)

2005年7月24日撮影。

|

« 眠る家鴨 | トップページ | ゴキゲンな家鴨 »

コメント

ひとしごと終えて一服というところですねcatfacejapanesetea

ところで、Twitterで現在進行中の話なのですが、バードウォッチをしている女性の方が
いつもチェックしているアヒルふたり組の1羽が襲われて亡くなったようでcrying
残った1羽(特に怪我はしていないのですが)を保護して里親に出すか、自分で飼育しようとしておられますrun
なんだか、昔の茶煮先生のお話を思い出しました。weep
先生は瀕死でしたが、今の野良アヒルも襲われるのではないかとすごく心配しておられますcoldsweats02

投稿: ぱだく | 2016年7月28日 (木) 19時29分

ぱだくさん、こんばんは。
ほんとうに判断を迫られる難しい状況ですね。
私もいまでも茶煮さんを家に連れてきたのが正解だったのかわかりません。
連れてきてからも何度も、茶煮さんにとってこれがほんとに良かったのか、悩みました。
湖で悲惨な状況にある茶煮さんを、見ている私自身が楽になりたかったのではないか、と。

結局5年間もかけがえのない日々を共にすることが出来て、茶煮さんも喜んでくれたのだと信じようとは思っていますが。

怪我などの緊急事態でないというところがまたジレンマですよね。
「保護」といってもアヒルはかなりコミットしないと難しいですし、「自然死」の場合でもいつかは必ず一羽になるわけですし。
しばらく見守りつつも、すでに経験のある里親さんをまずは見つける方がいいのかなぁ。

投稿: ももごろう | 2016年7月28日 (木) 22時23分

大麦若葉の鉢の中をほじくり返しても、“チョコワーム”はおろかフツウのメメズさんも見つからなかった


ちょっとご不満か?
ヒョウタンツギみたいなお顔の茶煮さん。

投稿: ノラ | 2016年7月29日 (金) 00時25分

ノラさん、こんにちは。
眠たげなのかと思ったら、じつはヒョウタンツギだったんですね。
ということは、私はピノコか coldsweats01

じつのところ、子どもの頃、ピノコが羨ましく思ってました。
だってブラック・ジャックのそばにいつもいられるんだもん。happy01heart04

投稿: ももごろう | 2016年7月29日 (金) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眠る家鴨 | トップページ | ゴキゲンな家鴨 »