« 興奮する家鴨 | トップページ | お手入れ中の家鴨 »

2016年7月15日 (金)

扇のような家鴨

Img_5375aaa

アヒル扇、いだたき!
(クリックすると大きくなります。)


Img_5376aaa

ぬ?
(クリックすると大きくなります。)

2005年7月14日撮影。

|

« 興奮する家鴨 | トップページ | お手入れ中の家鴨 »

コメント

先生、お見事happy01good
ところで後ろ向きでもカメラ目線ですぞcameraeye

投稿: ぱだく | 2016年7月15日 (金) 18時26分

ぱだくさん、こんばんは。
普段は格納している尾羽をこれだけ広げられると壮観ですよね~。 happy01note
聞くところによるとアヒルって視角がものすごく広いそうですね。 eyeok
何をしててもお見通し~~happy01

投稿: ももごろう | 2016年7月15日 (金) 19時33分

近頃、京の都で噂の白孔雀鴨。
その神々しいお姿を一目拝まんと、祇園祭そっちのけで、洛中の人々が鴨川に押し寄せた(かどうかは、知らないが…)。


そんな騒ぎをよそに、水遊びに熱中する茶煮麻呂様。


「キャーッ!!」
突然、どこかで聞いたことのある、黄色い(正確には七色の)叫び声が…shock
「ん?」と、振り返る茶煮様。

麻呂様の扇状の尾羽をゲットしようと、お椀の舟に乗った一寸法師が7名。後ろから近づいたはよいが、その激しい水飛沫に弄ばれて、ほぼラフティング状態になっていたのだった。

投稿: ノラ | 2016年7月17日 (日) 13時17分

ノラさん、こんばんは。
わぁ~ happy02heart04 おとぎ話の世界~ bookshine
レインボーカラーのこびとさん(?)たちも登場して、
遡った茶煮世界、にぎやかになってきましたね。 happy01

はたして都で噂の白孔雀鴨の正体は茶煮麻呂か否か sign02
そしてラフティング状態の一寸法師さんたちの運命やいかに sign03

投稿: ももごろう | 2016年7月17日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 興奮する家鴨 | トップページ | お手入れ中の家鴨 »