« 水面と家鴨 | トップページ | 細目る家鴨 »

2016年8月14日 (日)

開口する家鴨

Img_6436aaa

♪~
(クリックすると大きくなります。)

2005年8月5日撮影。

|

« 水面と家鴨 | トップページ | 細目る家鴨 »

コメント

これはばしゃばしゃsweat01やっているときですか?happy01
うちのアヒル様も、最近暑いせいか、毎朝水を飛ばしながらハアハアいってますcoldsweats01
暑いのにそんなに激しく動かなくてもと思いますけどwobblydash

投稿: ぱだく | 2016年8月14日 (日) 10時19分

ぱだくさん、こんにちは。
激しい水浴びの時にアヒルはなぜパクパクするんでしょうね?
口の周りの羽根にも空気を入れてるのか??

写真の茶煮さんはたぶんばしゃばしゃsweat01後ちょっと経ってたと思います。直後だとプールの水が半減してるはずなので。 sweat01sweat01sweat01coldsweats01

投稿: ももごろう | 2016年8月14日 (日) 12時55分

ナゼ茶煮王子ハ、オボンニ、リアルワールドヘ?! アメリカンアヒルナノニ?!


お口をパクパクしながら、抗議するデコイくんだった。(実は、AI入りロボット?happy01

投稿: ノラ | 2016年8月14日 (日) 19時43分

ノラさん、こんばんは。
Oh! MR.デコイ、鋭イデスネ。
茶煮サンガ、アメリカアヒルトイウコト、
忘レテマシタ coldsweats01

召使ノももごろうガ、ジャパニーズダッタノデ、
自然ト、Princeチャニトンもジャパンノ習慣ニ
慣レ親シンダノデショウ。bleah

ソレニ、オ盆ハ、美味シイ食ベ物、食べ放題ネ happy01

投稿: ももごろう | 2016年8月14日 (日) 19時57分

>AI入りロボット? ear

茶煮先生型ならぜひぜひ我が家にお迎えしたいですbleah
ご飯なしcake、うんにょなしtoilet、羽抜けなしchick、水浴びなしwaveなんて
手のかからないアヒルさんなんでしょうsun
まあ、お世話するのもたのしいのですが、catfacegood
手のかからないアヒルさんもいいものですねbleah

投稿: ぱだく | 2016年8月15日 (月) 10時15分

ぱだくさん、こんにちは。
いえいえ、この茶煮さん型AIロボットは
ご飯ありriceball、うんにょありdash、羽抜けありchick、水浴び大ありsweat01sweat01sweat01sign03

の未来型ロボットなのです。smile

投稿: ももごろう | 2016年8月15日 (月) 13時40分

チャニロイドchick


お茶煮水博士につくってもらいましょうhappy01


でも、アヒルさんの魅力はなんといっても、豪快な大食い&水浴びですよね。

プログラムに入れてもらいましょうsmile


リアルワールドへ帰省中の茶煮さん、大好きなトマトやスイカ、食べていらっしゃるかな?

投稿: ノラ | 2016年8月15日 (月) 13時41分

ノラさん、こんにちは。
お盆でも大盛況の湖畔、チャニンスキーに続いて
チャニロイドまで登場とは。happy01
総監督はデコイ君? wink
茶煮留守中、よろしくお願いしますよ、デコイ君。 smile

投稿: ももごろう | 2016年8月15日 (月) 15時47分

>未来型ロボットなのですsign02
>>チャニロイド お茶煮水博士sign02sign02

驚愕の事実が次々と明らかになってきましたねhappy02

それでもやっぱりお迎えしたいです。チャニロイドlovely
お高いのでしょうか?yen

投稿: ぱだく | 2016年8月15日 (月) 21時11分

ぱだくさん、おはようございます。
チャニロイドにお茶煮水博士、先日のチャニンスキーなどなど、
湖畔はますますにぎやかになってきましたね。 happy01
私もチャニロイド、一台(一羽?)欲しいです。
$$$払いもokかな?

投稿: ももごろう | 2016年8月16日 (火) 08時32分

「$¥じゃなくΘ(モキャ)」じゃよ。(お茶煮水博士)

投稿: ノラ | 2016年8月16日 (火) 08時49分

ノラさん、お茶煮水博士、おはようございます。
>「$¥じゃなくΘ(モキャ)」じゃよ。

大変失礼いたしましたsign03 coldsweats02
さすれば善行を積んで(?)「Θ(モキャ)」を貯めるよりほかありませんね。coldsweats01

投稿: ももごろう | 2016年8月16日 (火) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水面と家鴨 | トップページ | 細目る家鴨 »