« 溢れる家鴨 | トップページ | (小さく)パタパタする家鴨 »

2016年10月11日 (火)

高速回転する家鴨

Img_8226aaa

ぶるぶるぶるぶるっ。

2005年10月19日撮影。

|

« 溢れる家鴨 | トップページ | (小さく)パタパタする家鴨 »

コメント

アヒルドリルですねhappy01sweat01sweat01
ドリル中もおめめがチラ見えしてますねeye
これって安いカメラでとったほうがドリル感がでたりしますねえcoldsweats01

投稿: ぱだく | 2016年10月13日 (木) 09時35分

ぱだくさん、こんばんは。
アヒルドリルってまさに言い得て妙ですよね。chicksweat01sweat01sweat01
アヒルってそれぞれの部位が全く独立したような動きをするのがおもしろいですよね。御尻のぶるぶるも可愛らしいです。happy01

投稿: ももごろう | 2016年10月13日 (木) 19時35分

ポテト坂の近くを流れるオチリ川上空で、小さな獅子舞が派手に踊っていた。


白地に茶のラインが品よく入った鴨が一羽、上流に向かって物凄いスピードで泳いでいるのを発見したのだchick


「ホワイトチョコ煮~! ホワイトチョコ煮~!」と騒ぐノラシーサーを、その鴨は斜め上へ首を傾げてチラ見すると、黄色い小さなあんよで必死に水をかきながら、あっという間に遠くへ行ってしまったcoldsweats02


「いったい何者ぞ?」


噂を聞きつけて、気になって仕方がない茶煮麻呂は、湖畔とリアルワールドの壁に〈覗き穴〉を開けようと、アヒルドリルと化したのだったhappy01

投稿: ノラ | 2016年10月15日 (土) 15時42分

ノラさん、こんばんは。
いやあ、ノラさん、ほんとに物語が面白いsign03
フィクションではなくノンフィクションなのかもしれませんが。
白地に茶のラインが入った鴨、だれだろう?見てみたい。
まさにホワイトチョコ煮さんですね。
今年はチョコ煮さん、従姉妹を地球につかわしたのか?
この秋も、奇想天外な出来事が満載の予感ですね。

茶煮麻呂さまはアヒルドリルで無事に垣間見できたかな?wink

投稿: ももごろう | 2016年10月16日 (日) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 溢れる家鴨 | トップページ | (小さく)パタパタする家鴨 »