« まだまだ探検する家鴨 | トップページ | 見上げる家鴨 »

2016年12月 6日 (火)

対峙する家鴨

Img_9467aaa

ぬふんっ!

2005年12月3日撮影。

|

« まだまだ探検する家鴨 | トップページ | 見上げる家鴨 »

コメント

この地面をみずかきでしっかりと踏みしめるのはアヒル立ちとでもいうのでしょうかrun
どっしりとして見事なポーズはすてきですねhappy02heart04

投稿: ぱだく | 2016年12月 6日 (火) 17時44分

ぱだくさん、こんばんは。
アヒル立ち、素晴らしい創語flairshinehappy01
水平な姿勢ってアヒルにしては珍しいですよね。happy01

投稿: ももごろう | 2016年12月 6日 (火) 21時38分

「ハイホー ハイホー♪」
陽気な歌声とともに、大きなモミの木が
ユサユサ、玄関から家の中に入ろうとしていた。

「んん? 怪しきヤツ!」

茶煮さんは、仁王立ちしてかまえた。
「ハイホー、ハイホー♪」
モミの木に七色のサンタクロースがぶら下がっていた。
あ、いや、こびとさんたちがモミの木を担いで入って来た。最後には、金髪の美丈夫が!

実は、アヒル観音で買った〈鴨足〉を綿菓子の化け物にとられ、気絶していたノラ農民。
アヒルボート遊びをしていたこびとさんたちに 、偶然発見されて助けられたのだった。


投稿: ノラ | 2016年12月11日 (日) 00時47分

ノラさん、こんばんは。
お風邪はだいぶ良くなられましたか?happy01

ところで!
クリスマスオーナメントのような七色のこびとさんたち、xmasshine
素晴らしい発想。いつもながらノラさんのストーリーテラーぶりに感動します。heart02
そして、最後にご登場の金髪の美丈夫はノラ農民様?
はたしてノラ農民の娘さまは、美丈夫パパ?のご帰還でぶじ目が覚めるのか?
風邪ひきノラシーサーさんは、ぶじにねぎを首に巻いてもらえるのか?

投稿: ももごろう | 2016年12月11日 (日) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ探検する家鴨 | トップページ | 見上げる家鴨 »